美容皮膚科・アンチエイジング外来

お電話でのお問い合わせ 0538-38-3222

お問い合わせ

TOP >> 美容皮膚科・アンチエイジング外来 >> アンチエイジング >> キレーション点滴療法

美容皮膚科・アンチエイジング外来

キレーション点滴療法

キレーション点滴療法とは?

キレーション点滴療法

EDTA(エチレンジアミン四酢酸)という合成アミノ酸を点滴する治療法です。点滴するEDTAにはNa-EDTAとCa-EDTAの2種類があり、当院で使用するNa-EDTAは心臓の血管の動脈硬化によって引き起こされる狭心症、心筋梗塞や足の血管の動脈硬化による閉塞性動脈硬化症に治療効果があります。

キレーション点滴療法の歴史

キレーション療法はすでに50年近い歴史があり、もともと鉛中毒に使用されていました。ところが鉛中毒患者さんの狭心症まで改善したことより心臓病治療にも使われるようになりました。現在、アメリカでは、年間100万件のキレーション点滴療法が行われています。

キレーション点滴療法の適応疾患

狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、頚動脈硬化症、閉塞性動脈硬化症

キレーション点滴療法のプログラム

当院では、アメリカ先端医療会議(ACAM)が提唱しているプログラムに沿ってキレーション点滴療法を行っています。治療を目的とする導入プログラムは1回90分のキレーション点滴を週1〜2回、合計20〜30回施行します。その後は維持プログラムとして月に1〜2回の点滴をします。なお治療期間中は、ビタミン・ミネラルのサプリメントを服用していただきます。

副作用について

キレーション点滴を受けている患者様の多くは何も副作用を経験しませんが、まれにだるさや気分不快を感じることがあります。アメリカ国立健康研究所は、キレーション点滴療法には重大な副作用はなく安全な治療法であるとしています。

治療費用について

キレーション点滴療法は、健康保険が使えず、治療・検査費用のすべてが自費診療になります。当院では1回、12,960円で行っています。

ページの先頭へ